二輪世界耐久選手権、スズキ エンデュランスRTが通算14回目のタイトル獲得

モータースポーツ レスポンス

9月19日・20日、WEC FIM世界耐久選手権シリーズの最終戦となるボルドール24時間耐久レースがフランスのポール・リカールサーキットで開催され、SERT(スズキ エンデュランス レーシングチーム)は3位表彰台を獲得、これにより2015世界耐久選手権のワールドタイトルに輝いた。

最終戦の舞台は南仏マルセイユにほど近い風光明美な景観の中にあり、一周5.8km。 SERTは第1ライダーにヴァンサン・フィリップ、第2ライダーにアントニー・デラール、第3ライダーにエティエンヌ・マッソンの3ライダーで『GSX-R1000』とともにレースに臨んだ。

レースは土曜の午後3時に開始。順調なスタートを見せたSERTが7番手から2番手に追い上げを見せる一方、ライバルのGMT94ヤマハがクラッシュで修理のためにピットイン、これにより4ラップをロスして順位を下げた。夜間走行に入ると、時速320kmのストレートでタイム差が表れ、SERTがレースをリード。2番手以下にSRCカワサキ、ホンダレーシング、モンスターYART(ヤマハ)、BMWモトラード、そしてレース序盤のアクシデントで一時54番手になるも6番手まで追い上げてきたGMT94ヤマハが続く。

8時間経過時点で、SERTはトップ走行チームに与えられる10ポイントを加算したが、その後午前2時、フィリップのライド時にリアホイル アクスルトラブルの不調が生じ、2度におよぶ予定外のピットストップを余儀なくされてしまう。やがてレースに戻ったSERTは、その後は好ラップタイムを重ね、日曜の朝には3番手まで追い上げる。

レースはSRCカワサキが684ラップで優勝、2位は682ラップのGMT94ヤマハ、SERTは677ラップで3位でフィニッシュ。ドミニク・メリアンド監督率いるSERTは、GSX-R誕生30周年を記念したブルーとホワイトのスペシャルカラーマシンを駆り、さらにチーム発足35周年を迎える記念すべき年に、通算14回目となるWECワ-ルドタイトルを再び手にした。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ