ヤマハ、スーパーバイク世界選手権に5年ぶり復帰へ…2016年、YZF-R1 で参戦

モータースポーツ レスポンス

ヤマハ発動機の欧州現地法人 ヤマハ モーター ヨーロッパ N.V.(YMENV)は、2016年のスーパーバイク世界選手権(WSBK)への参戦を正式発表した。ヤマハのWSBK復帰は2011年以来、5年ぶり。

ヤマハは、現在WSBKで活躍するシルバン・ギュントーリ選手(ホンダ)とアレックス・ローズ選手(スズキ)をファクトリーライダーとして招聘、新型『YZF-R1』で2009年以来となるチャンピオン獲得を目指す。

ギュントーリ選手は、15年以上のレースキャリアを持つ1982年生まれのフランス人ライダー。2007年にはテック3 ヤマハ チームから「YZR-M1」で MotoGP に参戦、2014年にはアプリリアのエースライダーとして、WSBKチャンピオンを獲得している。

ローズ選手は、1990年生まれのイギリス人ライダー。出身のローズ選手は、2013年に最年少で英国スーパーバイク選手権(BSB)チャンピオンを獲得、2014年からWSBKへの参戦を開始した若手ライダーだ。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • ヤマハ YZF-R1 & R1M
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ