メルセデス Eクラスワゴン、次世代モデルはよりロングに

新車 レスポンス

メルセデスベンツ『Eクラス・ステーションワゴン』次世代モデルのプロトタイプを初キャッチ、新しいフォルムを確認する事が出来た。

フロントとリアは厳重にカモフラージュが施されているものの、露出しているルーフラインを見ると、現行モデルより寝かされたAピラーから丸みを帯びながらテールエンドへ伸びる新しいルーフラインが確認出来る。ホイールベースも若干延長されていることが分かった。

次期モデルでは『Cクラス』同様に軽量プラットフォーム「MRA」アーキテクチャーを採用、軽量化に成功している。

ハイテク機能ではセダン同様にスマートフォンによる遠隔操作で無人駐車を可能にする「リモートパーキングパイロット」システムを搭載する。

パワートレインは新開発直列6気筒エンジンを始め、直3、直4、V8などをラインナップ、ワールドプレミアは2016年1月のデトロイトモーターショーでセダンとの同時公開が期待されている。

  • 子俣有司@アポロニュースサービス
  • メルセデスベンツ Eクラスステーションワゴン スクープ写真《APOLLO NEWS SERVICE》
  • メルセデスベンツ Eクラスステーションワゴン スクープ写真《APOLLO NEWS SERVICE》
  • メルセデスベンツ Eクラスステーションワゴン スクープ写真《APOLLO NEWS SERVICE》
  • メルセデスベンツ Eクラスステーションワゴン スクープ写真《APOLLO NEWS SERVICE》
  • メルセデスベンツ Eクラスステーションワゴン スクープ写真《APOLLO NEWS SERVICE》
  • メルセデスベンツ Eクラスステーションワゴン スクープ写真《APOLLO NEWS SERVICE》
  • メルセデスベンツ Eクラスステーションワゴン スクープ写真《APOLLO NEWS SERVICE》
  • メルセデスベンツ Eクラスステーションワゴン スクープ写真《APOLLO NEWS SERVICE》
  • メルセデスベンツ Eクラスステーションワゴン スクープ写真《APOLLO NEWS SERVICE》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ