メルセデスベンツ、米工場に投資…SUV増産へ

業界 レスポンス

ドイツの高級車メーカー、メルセデスベンツは9月18日、米国アラバマ州のタスカルーサ工場で、SUVを増産すると発表した。

タスカルーサ工場は1995年に設立。1997年、初代『Mクラス』の生産を開始した。後に、『GLクラス』と『Rクラス』も生産車種に追加。2014年6月には、新型『Cクラスセダン』の生産も、同工場で開始。2014年には年間23万2000台以上を生産。同工場の累計生産台数は、220万台を超えている。

今回のSUVの増産は、米国市場を中心に、SUVの販売が好調なことを受けての対応。タスカルーサ工場に13億ドルを投資し、生産能力を増強する。

具体的には、新たな車体プレス工場を建設する計画。SUV組み立てラインの改修、物流やITシステムのアップグレードも行われる予定。

ダイムラーのメルセデスベンツ乗用車生産担当、Markus Schafer取締役は、「2016年、13億ドルの投資を行い、タスカルーサ工場はハイテク工場に生まれ変わる」とコメントしている。

  • 森脇稔
  • メルセデスベンツRクラス
  • メルセデスベンツ GLE クーペ
  • メルセデスベンツ Cクラス(米国仕様)
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ