レクサス LS 一部改良…ボディ剛性を強化、ナビ機能も改善

新車 レスポンス

レクサスは、フラッグシップセダン『LS』シリーズ(LS600h/600hL/460/460L)を一部改良し、9月25日に発売した。

今回、12.3インチワイドディスプレイを改良。地図の全画面表示を可能にしたほか、画面右側に簡易操作画面を設定し、利用頻度の高い地図、オーディオ、電話、燃費、エアコンの各機能をワンタッチで呼び出せるなど、操作性を高めた。

またナビゲーションシステムには、LTE方式の通信モジュールを採用し、通信を高速化するとともに音声とデータの同時通信を実現。G-Link機能の一つ「レクサスオーナーズデスク」のオペレーターサービスでは、要望に応じてオペレーターと会話しながらナビの目的地設定が行えるなど、利便性を向上させた。またVICSワイド対応となり、より正確な探索ルートや緊急情報、気象・災害情報なども提供できるようになった。

このほか、溶接打点間の間隔を詰めることができるレーザースクリューウェルディングの範囲を拡げ、また、ボディを面で結合し、たわみを抑える構造用接着剤の採用範囲を拡大することでボディ剛性を高め、優れた操縦安定性を実現している。

なお、外板色には、ソニッククォーツを新たに加えた全11色を設定した。

価格は896万円から1595万4000円。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • レクサス LS600h バージョンL
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ