日立、米国の自動運転プロジェクトで走行試験…市街地を想定

業界 レスポンス

日立製作所は、米国ミシガン大学のモビリティ・トランスフォーメーション・センター(MTC)が今年7月に開設した自動運転車やコネクテッドカー走行実験プロジェクト「Mcity(エムシティ)」で、9月から市街地を想定した走行試験を開始した。

ミシガン大学アナーバー校のキャンパス内に位置する「Mcity」は、ミシガン大学MTC、ミシガン州運輸省が約1000万ドルを投じて約13万平方メートルの土地に、自動運転車やコネクテッドカーの走行実験を行うための施設を建設したもの。日立の北米統括会社の日立アメリカが会員として参画している。

施設では、自動運転車両が市街地走行時などで直面する複雑で様々な状況のシミュレーションが可能。信号機や標識などが設置されているほか、雪や氷などの過酷な路面状況を含め、実際の市街地に近い環境が再現されており、自動運転車両やコネクテッドカーの走行試験ができる。

日立グループはミシガン大学のMTCに参画し、「Mcity」での走行試験を推進することで、自動駐車システムをはじめ、車線変更・高度ブレーキ支援システムなどを含めた先進運転支援システムの走行試験を実施、自動運転技術の開発を加速するとともに、コネクテッドカーの開発も推進する。

日立グループは、自動運転技術の基盤となる先進運転支援システムを高度化し、自動車メーカーによる自動運転の実用化に貢献することで、自動車関連機器事業を強化する。

  • レスポンス編集部
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ