VWグループの違法ソフト、ドイツで280万台に搭載…世界の4分の1

業界 レスポンス

フォルクスワーゲングループが米国だけでなく、欧州でも排出ガス規制を不正に逃れるために、車両に違法なソフトウェアを搭載していた問題。ドイツ政府は、この問題について、最新の調査結果を公表した。

これは9月25日、ドイツ政府のアレクサンダー・ドブリント連邦運輸相が議会で明らかにしたもの。「ドイツ国内で販売されたフォルクスワーゲングループ車のおよそ280万台に、違法なソフトウェアが搭載されていた」と公表している。

9月22日のフォルクスワーゲングループの発表では、違法なソフトウェアは、全世界のおよそ1100万台に搭載されている可能性があるとしていた。

今回のドブリント運輸相の発表によると、フォルクスワーゲングループの違法ソフトウェア搭載車の約4分の1が、ドイツで販売されていたことになる。

また9月18日の発表では、米国市場の約48万2000台に、違法ソフトウェアが搭載。ドイツはフォルクスワーゲングループの地元だけに、販売台数が桁違いに多く、米国のおよそ6倍に達する計算になる。

  • 森脇稔
  • ドイツ・ウォルフスブルクのVW工場《写真 Getty Images》
  • VWブース(フランクフルトモーターショー15)《写真 Getty Images》
  • VW ゴルフ(参考画像)
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ