トヨタとパーク24、パーソナルモビリティ・シェアリングサービスの実証実験を拡大

業界 レスポンス

トヨタ自動車とパーク24は、ワンウェイ型のパーソナルモビリティ・シェアリングサービス「Times Car PLUS × Ha:mo(タイムズカープラスハーモ)」の実証実験を、2015年10月20日から2016年3月末までの約6か月間にわたり東京都心部で実施する。

両社は、パーソナルモビリティ・シェアリングサービスの実証実験「タイムズカープラス トヨタ i-ROAD ドライブ」を4月10日から約半年に渡り、東京都心部を中心に実施してきた。今回開始する「タイムズカープラスハーモ」では、対象車両および貸出・返却ステーションの規模を拡大するとともに、乗車時手続きの簡素化等サービス内容の充実を図り、より実用的なシェアリングサービスとして展開する。

具体的には、トヨタ『i-ROAD』5台に加え、多用途に活用できるトヨタ車体製『コムス』を新たに25台投入。利用者の嗜好や用途に応じた車両選択を可能とする。また、貸出・返却ステーションは、パーク24が管理する時間貸駐車場「タイムズ」から新たに30か所程度を選定。特に、東京・日本橋・有楽町・日比谷・銀座・豊洲・有明・お台場・門前仲町・木場など主要地(駅)周辺を中心に拡大する。

さらに、トヨタが新しく開発したハーモ用車両管理システム「OMMS/2(One Mile Mobility Management System/2)」を初採用。BLEビーコン受信に対応するスマートフォンの利用者は、会員カードの代わりに、車両に設置された車両ビーコンにスマートフォンでタッチを行いキーロックの開錠・施錠ができるなど、より使いやすいサービスを提供する。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • トヨタ車体 コムス
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ