ブリヂストン、水素ステーション向け高耐圧性水素充填用ホースを販売

業界 レスポンス

ブリヂストンは、水素ステーションなどで燃料電池自動車に水素を充填する際に使用される、高耐圧性の水素充填用ホースの販売を開始すると発表した。

究極の環境自動車とも呼ばれる燃料電池自動車に水素を供給する水素ステーションの整備が進んでいる。水素ステーションでは、ホースを使用して水素をタンクから車両に充填するが、この際、水素は高圧に圧縮されているため、使用するホースには高耐圧性が求められる。

現在、国内に整備されている水素ステーションの水素充填時、最高圧力は最大70MPa(メガパスカル)と定められているが、充填圧力を高めることで水素の充填量を増やすことができ、航続距離延長や充填時間の短縮が図れるため、最高圧力82MPaまで上げられることが見込まれている。

同社は、水素社会の実現に向けた利便性向上に貢献するため、今回、82MPaの耐圧性能を持つ有するホースを開発、商品化する。

高耐圧性水素充填用ホースは、ホース内部の補強層に耐水素脆化性を追求した高抗張力鋼線ワイヤーを採用するとともに、6層にすることで高耐圧性を実現した。耐水素ガス透過性に優れる材料を内層に採用することで水素ガスの透過を抑制する。充填時のホースの操作性を考慮して柔軟性も確保した。

  • レスポンス編集部
  • 高耐圧性の水素充填用ホース《画像 ブリヂストン》
  • ホース断面《画像 ブリヂストン》
  • 水素充填用ホースの内部構造《画像 ブリヂストン》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ