VW商用車世界販売、0.8%減の28万台…中東は45%増 1-8月

業界 レスポンス

欧州の自動車最大手、フォルクスワーゲンは9月18日、2015年1-8月の商用車(LCV=軽商用車)の世界新車販売の結果を明らかにした。総販売台数は28万5000台。前年同期比は0.8%減だった。

市場別実績では、西欧が信用不安を抜け出し、前年同期比0.5%増の18万9000台と回復傾向。しかし、地元ドイツは、5.1%減の7万2500台と後退する。フォルクスワーゲンによると、『キャディ』と『Tシリーズ』のモデルチェンジの影響を受けたという。

また、東欧は1万9000台にとどまり、前年同期比は23.6%減。南米も、8.3%減の2万4300台と落ち込む。中東は2万3150台を売り上げ、前年同期比は45.4%の大幅増。

車種別では、Tシリーズの『T5』が、前年同期比4.6%増の11万2600台。キャディは5%減の9万2200台だった。『アマロック』は3.4%減の4万8800台。『クラフター』は2.8%増の3万1200台。

2014年のフォルクスワーゲン商用車の世界販売台数は44万4900台。前年比は2%増だった。

  • 森脇稔
  • フォルクスワーゲン キャディ 新型のオールトラック
  • フォルクスワーゲン アマロック
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ