VW グループ、専用サイト立ち上げへ…排ガス不正の最新情報を提示

業界 レスポンス

世界規模で、排出ガス試験を巡る不正が発覚した欧州の自動車最大手、フォルクスワーゲングループ。同社がこの問題について、対応策を打ち出した。

これは9月29日、フォルクスワーゲングループが明らかにしたもの。同社は、「この問題に関する最新情報を、顧客に伝える専用のウェブサイトを立ち上げる」と発表している。

違法なソフトウェアを装着し、不正に排出ガス試験を逃れていたフォルクスワーゲングループ車。その総数は、グループ全体で、世界のおよそ1100万台に及ぶ。

1100万台のうち、主力のフォルクスワーゲン乗用車ブランドが約500万台。アウディブランドが約210万台で続く。この他、グループ傘下のセアトやシュコダ、フォルクスワーゲン商用車も対象に含まれる。

専用のウェブサイトは、ブランド、国ごとに立ち上げられる予定。この問題に関する最新情報を顧客に伝えることで、顧客の不安を和らげるのが目的と見られる。

  • 森脇稔
  • フォルクスワーゲンのターボディーゼル「TDI」エンジン(参考画像)
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ