【東京モーターショー15】オープンデッキを備えた軽の新提案…スズキ マイティデッキ

新車 レスポンス

スズキは、東京モーターショー15に、軽自動車のサイズで、オープンデッキと2プラス2シーターの特徴を併せ持ったコンセプトカー、『マイティデッキ(MIGHTY DECK)』を参考出品する。

マイティデッキは、「あらゆる人々の遊び心をかきたてる新コンセプトの軽自動車だ」と話すのは、スズキ四輪商品企画部商品企画課の長柄早織氏だ。

その特徴は、「オープンデッキに遊びや楽しさを感じさせる多彩な機能を持たせ、様々な使い方を想像できるアレンジを実現した」という。例えば、リアガラスを開けて、リアシートを倒し、更に助手席を倒すことで、フラットで広いスペースが生まれ、丈の長いものでも積み込むことが可能になる。

こういった仕掛けは、「多様なライフスタイルに応じて、趣味や遊びなど多目的に使える。また、ルーフの大開口キャンバストップにより、更に楽しみが広がるだろう」と述べる。

エクステリアは、「オープンな荷室を配した個性的なシルエットを持つデザインだ。若々しく力強い雰囲気の造形とし、親しみやすく愛着のあるフロントフェイスにより、保有して楽しくなるような雰囲気を表現した」と長柄氏。また、ヘッドランプを始めとした灯火類や、タイヤパターンに、「機能性を持たせつつも有機的で先進感のあるデザインを表現した」という。

インテリアは、「デッキから室内空間へ自然につながる内外一体感のあるデザインテーマを表現。ラウンドさせたシンプルで広々とした室内空間は、心地よさと開放感を演出している」と説明する。更に、「軽やかなウッドパネルとシャープで硬質な金属調加飾を配して、軽快感と上質感を表現した」と述べる。

インテリアのベースカラーはダークブルーとし、そこにアルミパーツと、木目部品を組み合わせた。これにより、「木のぬくもりと、アルミ素材による精巧な印象を与え、上質でモダンな仕上がりかつ、落ち着ける空間になっている」。

メーターや、ナビ類のグラフィックは、デジタル表現でわかりやすく、シンプルで温かみもあるデザインに仕上げている。

  • 内田俊一
  • スズキ マイティデッキ《提供 スズキ》
  • スズキ マイティデッキ《提供 スズキ》
  • スズキ マイティデッキ《提供 スズキ》
  • スズキ マイティデッキ《提供 スズキ》
  • スズキ マイティデッキ《提供 スズキ》
  • スズキ マイティデッキ《提供 スズキ》
  • スズキ マイティデッキ《提供 スズキ》
  • スズキ マイティデッキ《提供 スズキ》
  • スズキ マイティデッキ《提供 スズキ》
  • スズキ マイティデッキ《提供 スズキ》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ