ヤナセ、次世代パーソナルモビリティ「ウィル」を取り扱い開始

業界 レスポンス

ヤナセは、WHILLが開発・製造販売する次世代のパーソナルモビリティ『ウィルモデルA』を、10月1日から全国176カ所のヤナセグループ販売店で取り扱いを開始すると発表した。

ウィルは、スタイリッシュなパーソナルモビリティで、歩道での走行も可能。障がいを持つ人や介護の際など、これまでの車いすの利用に加え、「少し足腰が弱ってきて長距離歩行がつらい」や「家族や孫とテーマパークやショッピングに出かけたいが、歩く速度について行けない」など、つえなどを使って自力歩行しているシニア層の移動効率を向上させる乗り物として開発された。

2014年の発売以来、すでに200台を超える販売実績を持つ。

ヤナセは、今夏に東京・名古屋・大阪・神戸・京都・千葉で開催した来場実績総計1万人を超えるホテルショーで、「ウィル」の試験展示を実施したところ、試乗した人から好評だったことから、正式に取り扱い開始を決定した。

ウィルの商談やメンテナンスなどのアフターサービスは、グループ会社のヤナセオートシステムズが担当する。初年度の販売目標は20台。

  • レスポンス編集部
  • WHILL Model A
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ