【ITS世界会議15】トヨタ、協調型ITSサービスなどを紹介

テクノロジー レスポンス

トヨタ自動車は、10月5日から9日までの5日間、フランス・ボルドーで開催される「第22回ITS世界会議 ボルドー2015」に出展する。

今回の出展では、人とクルマと街がつながる「スマートモビリティ社会」の実現を目指した取り組みの中で、トヨタの「安全」に対する考え方をはじめ、「協調型ITS・自動運転技術」および「次世代交通システム」を中心に最新技術を紹介する。

具体的には、車車間通信や路車間通信によって安全な交通社会の実現を目指す「協調型ITS」を紹介。この協調型ITSサービス(右折時注意喚起、赤信号注意喚起、緊急車両存在通知等)は、「ITSコネクト」として国内の新型車に搭載する予定だ。

このほか同会議では、高速道路走行を想定した「自動運転技術・高度運転支援システム」、開催国フランスで実証実験を行っている次世代交通システム「Ha:mo」を紹介する。

ITS世界会議は、欧州/アジア・太平洋/米州の順で毎年開催されるITSに関する最大規模の国際会議。今回は、“TOWARDS INTELLIGENT MOBILITY-Better use of space"「宇宙技術で広がる未来のITS」をテーマに、衛星測位等の宇宙技術をはじめ、つながるクルマや自動運転技術、マルチモーダル輸送等、ITSが生み出す新たな価値・サービスを世界に向けて発信していく。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • トヨタ i-ROAD(参考画像)
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ