【トヨタ クラウン 改良新型】路車間・車車間通信の「ITS Connect」を世界初搭載

新車 レスポンス

トヨタ自動車は10月1日、『クラウン』シリーズを一部改良して発売した。新たな安全技術として国内のITS(高度道路情報システム)専用の周波数である760MHz帯を使った運転支援システム「ITS Connect」をオプション設定した。

この専用周波数による路車間・車車間通信を活用するもので、こうした安全技術の実用化は世界で初めてとなる。車両に搭載したセンサーでは捉えきれない他の車両や人の存在、信号情報などを通信で取得、あるいは車両同士の通信でも取得し、安全運転を支援する。

トヨタはクラウンへの搭載を皮切りに、年内に計3車種への展開を図る計画。発表会でクラウンの開発を担当した製品企画本部の秋山晃チーフエンジニアは「当社が率先して普及させていこうということで、先進技術がふさわしいクラウンからの搭載を決めた。インフラの整備はこれからだが、交差点の事故などを画期的に減らすことができるようになる」と述べた。

同システムは衝突被害軽減ブレーキなど安全装備のパッケージとのセットでのみオプション装備ができる。税込み価格は2万7000円。

  • 池原照雄
  • 秋山晃チーフエンジニア《撮影 池原照雄》
  • ITS Connect 路車間通信システム (右折時注意喚起)《画像 トヨタ》
  • ITS Connect 車車間通信システム (通信利用型レーダークルーズコントロール)《画像 トヨタ》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ