東芝、LEDフリッカーを抑制する車載向け2MピクセルCMOSイメージセンサを開発

業界 レスポンス

東芝は、車載用カメラ向けに業界初のLEDフリッカー抑制機能を搭載した2MピクセルCMOSイメージセンサ「CSA02M00PB」を開発し、2016年3月からサンプル出荷を開始すると発表した。

CSA02M00PBは、同社独自方式のLEDフリッカー抑制回路を搭載することで、LED光源に起因するフリッカーを抑制。従来の車載向けCMOSイメージセンサでは、LED式信号機・標識を撮影した場合、点滅した映像が出力され、正しく認識できないなどの問題があったが、同製品により高速で正確なセンシングを実現する。

また、同社独自の次世代HDR方式とBSI画素を採用し、高精度な映像撮影を実現。次世代HDR方式はシングルフレーム方式を引き続き採用し、明暗コントラストの強い環境下でも解像度劣化を低減し、白飛びしない鮮明な映像を撮影できる。同社車載用センサで初採用となるBSI画素は、より暗い環境下でも明るい映像を高品質で撮影できる。

さらに、故障検知・通知・制御などの機能安全(ASIL)に対応する機能を装備。また、車載AEC-Q100に適合し、先進運転支援システム(ADAS)向けの前方センシングカメラやeミラー、CMSなどの車内モニターに映し出すビューイング用としても適している。

なお新製品は、10月5日からフランス・ボルドーで開催される「第22回ITS世界会議2015」で展示する。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ