VW と アウディ、米グリーンカー賞を返上…排ガス不正発覚で

業界 レスポンス

排ガス試験を不正にクリアする目的で、一部ディーゼル車に違法なソフトウェアを装着していたフォルクスワーゲングループ。同社が米国での栄誉を、返上することが分かった。

これは9月30日、米国の「グリーンカージャーナル」誌が明らかにしたもの。「フォルクスワーゲンとアウディから、グリーンカーオブザイヤー返上の申し出を受けた」と発表している。

グリーンカージャーナル誌は、毎年秋のロサンゼルスモーターショーにおいて、「グリーンカーオブザイヤー」を発表。米国で過去1年に発売されたエコカーの中から、環境性能に最も優れた1台を選出する。

フォルクスワーゲングループからは、2008年に先代フォルクスワーゲン『ジェッタTDI』、2009年に先代アウディ『A3 TDI』が、2年連続で同賞を受賞。ところが、2台とも、排ガス試験での不正が発覚した「EA189」型2.0リットル直列4気筒ターボディーゼル「TDI」エンジン搭載車だった。

グリーンカージャーナル誌のロン・コーガン編集長は、「フォルクスワーゲンとアウディのグリーンカーオブザイヤー賞の取り消しは、遺憾だが適切な措置」とコメントしている。

  • 森脇稔
  • 先代アウディA3TDI
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ