【トヨタ クラウン 改良新型】吉田専務「あえてビッグマイナーチェンジにした」

新車 レスポンス

トヨタ自動車は10月1日、一部改良した『クラウン』を発売した。ITS専用周波数を活用した安全装備を世界初採用したのを始め、外観デザインの変更、2リットル直噴ターボエンジン搭載車を追加したのが特徴。

トヨタの吉田守孝専務役員は同日、都内で開いた発表会で報道陣の囲み取材に応じ、「クラウンは日本を代表する車であるということから、この車を大事にしようということであえてビッグマイナーチェンジにした」と、今回の改良の背景を語った。

さらに「やはりレクサスが強くなっている、あるいは欧州ブランドが非常に強い。そういう中で、クラウンは日本発信の日本のお客様のための高級車という特徴や、その位置づけをより強化していきたいということで、今回のマイナーチェンジで力を入れた」とも話した。

また「ディーラーや実際のお客様の反応としては2リットルターボの走りであるとか、あるいはアスリートのデザインについては比較的、従来のクラウンよりも若いお客様からいい感触が出ているので、期待をしている」と述べた。

  • 小松哲也
  • トヨタ クラウン 改良新型 発表会《撮影 小松哲也》
  • トヨタ クラウン 改良新型 発表会《撮影 小松哲也》
  • トヨタ クラウン 改良新型 発表会《撮影 小松哲也》
  • トヨタ クラウン 改良新型 発表会《撮影 小松哲也》
  • トヨタ自動車 吉田守孝 専務役員《撮影 小松哲也》
  • トヨタ クラウン 改良新型 発表会《撮影 小松哲也》
  • トヨタ クラウン 改良新型 発表会《撮影 小松哲也》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ