【ボルボ ポールスターパッケージ】“一流シェフ”が手がけるロムチューン

新車 レスポンス

ボルボ・カー・ジャパンから発売された、新パワートレインDrive-E用ロムチューン、「ポールスターパフォーマンスパッケージ」は、ディーラーによってソフトウエアを書き換えるものである。

ポールスターパフォーマンスパッケージを購入すると、まずユーザーのクルマの情報を、ディーラーから本国のポールスターに登録する。つまり、本国では世界中の登録された車両情報に、どのポールスターのソフトウエアを供給したかを紐付けし、情報を一元管理しているのだ。

このパッケージ内容は、ソフトウエア、リアエンブレム、オーナーズブック、認定書がある。ボルボ・カー・ジャパンマーケティング部プロダクトグループプロダクトスペシャリストの岡田勝也さんによると、「例えばこのエンブレムだけ購入することは出来ない仕組み。つまり、登録された対象に対してのみ、リペアのために供給しているもの」。また、「サードパーティと決定的に違うところは、新車保証も継続して受けることが出来る」とその特徴を話す。

ポールスターパフォーマンスパッケージの機能面でのポイントは何か。岡田さんによると、まずスロットルレスポンスの向上があるという。「ドライバーが意のままに操れるということを目指して、レスポンスが改善され、よりダイレクトな反応になっている」という。そして、ギアチェンジに関しても、「ドライバーの操作に対して、クイックにダイレクトに反応し、中速域で最も効果が出るようなシフトスケジュールになっている」と説明。更に、強い横Gがかかるコーナリングを遂行している時には、ギアをホールドするプログラムも備えている。

そして、「コーナリングに差し掛かって、一瞬アクセルペダルから足を離して、ブレーキペダルに足を乗せる。その離した時のスロットルレスポンスもクイックになっている」と岡田さん。

もちろんエンジンパフォーマンスも変更されており、「中速回転域で最も効果が出るようにセッティングされている」という。岡田さんは、「例えばロムチューンで10馬力アップすること自体はそれほど難しいことではない。しかし、単に馬力やトルクの違いを設定したのではなく、ポールスターという専門店の一流シェフが調理するとこうなるという味わいが与えられているのだ」と説明する。

  • 内田俊一
  • ボルボ V60 D4 R-DESIGN ポールスターパフォーマンスパッケージ《撮影 内田俊一》
  • ボルボ V60 D4 R-DESIGN ポールスターパフォーマンスパッケージ《撮影 内田俊一》
  • ボルボ V60 D4 R-DESIGN ポールスターパフォーマンスパッケージ《撮影 内田俊一》
  • ボルボ V60 D4 R-DESIGN ポールスターパフォーマンスパッケージ《撮影 内田俊一》
  • ボルボ V60 D4 R-DESIGN ポールスターパフォーマンスパッケージ《撮影 内田俊一》
  • ボルボ V60 D4 R-DESIGN ポールスターパフォーマンスパッケージ《撮影 内田俊一》
  • ボルボ V60 D4 R-DESIGN ポールスターパフォーマンスパッケージ《撮影 内田俊一》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ