プリウス と シビック、北米カーオブザイヤー2016 二次選考に

新車 レスポンス

北米カーオブザイヤー主催団体は9月28日、「2016北米カーオブザイヤー」の乗用車カテゴリーの第二次選考10台のリストを発表した。

北米カーオブザイヤーは今年で23回目。米国とカナダ在住の約50名のジャーナリストが、この1年間に北米で発売、またはデビュー予定の新型車の中からベストな1台を選出する。年間販売台数は5000台以上が条件となるため、スーパーカーや一部高級車は選考から除外される。

2016北米カーオブザイヤーの乗用車カテゴリーの第二次選考10台は、以下の通り。

BMW 7シリーズ

キャデラックCT6

シボレー・カマロ

シボレー・マリブ

シボレー・ボルト

ホンダ・シビック

キア・オプティマ

マツダ・ロードスター

日産マキシマ

トヨタ・プリウス

メーカー別で最多となったのは、GMのシボレー。スポーティカーの『カマロ』、中型セダンの『マリブ』、プラグインハイブリッド車(PHV)『ボルト』の合計3台が、第二次選考に残った。

日本車では、各社の注目の新型車がノミネート。トヨタ『プリウス』をはじめ、ホンダ『シビック』、マツダ『ロードスター』、日産『マキシマ』が第二次選考に駒を進めた。

今後は12月にファイナリスト3台に絞り込まれ、2016年1月のデトロイトモーターショー16で、2016北米カーオブザイヤーが決定する。

  • 森脇稔
  • ホンダ シビック セダン 新型
  • 日産 マキシマ 新型
  • マツダ ロードスター 新型(北米仕様)
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ