VWグループのディーゼル問題、「V6とV8は不正なし」

業界 レスポンス

世界中のおよそ1100万台に、排ガス規制を不正に逃れる違法なソフトウェアが搭載されていた問題。対象となるディーゼルエンジンが拡大する中、同社が声明を出している。

これは9月30日、フォルクスワーゲングループの英国法人、フォルクスワーゲングループUKが明らかにしたもの。同社は、「V6 TDIとV8 TDIに、不正はない」と公表している。

今回の問題は9月18日、米国で発覚。米国EPA(環境保護局)は、不正が認められたエンジンを、2.0リットル直列4気筒ターボディーゼル「TDI」と発表していた。

また、9月29日には、スイスの道路交通局が、1.2リットルTDIと1.6リットルTDIも対象に含まれる、と発表。この問題が広がりを見せていた。

そんな中での、今回のフォルクスワーゲングループUKの発表。V6 TDIとV8 TDIは、フォルクスワーゲン『トゥアレグ』やアウディ『A6』『A8』など、グループの上級車に幅広く搭載されているディーゼルエンジン。「不正がない」と宣言することで、対象車を保有する顧客の不安を和らげるのが狙いと見られる。

  • 森脇稔
  • VW トゥアレグ(参考画像)
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ