【トヨタ クラウン 改良新型】秋山チーフエンジニア「ターボ比率は2割を想定」

新車 レスポンス

トヨタ自動車は10月1日、『クラウン』シリーズを一部改良して発売した。新たなパワートレインとして2リットルのダウンサイジングターボエンジン車を「アスリート」に設定した。

同日、都内で開いた発表会で開発責任者である商品企画本部の秋山晃チーフエンジニアは「クラウンは法人のお客様向けというイメージが強いが、年齢層が若い方々を開拓する狙いからも、走りと燃費を両立できるターボを設定した」と語った。ターボエンジンはレクサス『NX』などに搭載したものを「FR(後輪駆動車)専用に適合させた」という。

また、秋山氏はターボ車については、設定のない「ロイヤル」も含むクラウンシリーズ全体のうち「2割程度を占めるのではないか」と見込んでいる。全体の約7割がハイブリッド車なので、ターボは自然吸気エンジン車を上回る人気になるとの想定だ。

  • 池原照雄
  • 秋山晃チーフエンジニア《撮影 池原照雄》
  • トヨタ クラウン 改良新型 発表会
  • トヨタ クラウン 改良新型 発表会
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ