VW最大の商用車 クラフター、メルセデスから独り立ちへ

新車 レスポンス

現在好調を維持するフォルクスワーゲンの商用車ラインナップは『T6』『キャディ』『アマロック』等があるが、中でも最大の商用車と言えば『クラフター』だ。今回、その次世代モデルを捕捉した。

クラフターはメルセデスベンツとの商用車分野での提携を期に、メルセデスベンツ『スプリンター』からOME供給され販売をおこなっている。

しかし2016年をもって提携契約が満期になり、以降更新は行わないことが発表されている。

フォルクスワーゲンは、販売が伸びているクラフターの生産は終了せず、次世代モデルよりメルセデスから独り立ちし、独自のモデルとしてデビューすることになっている。

今回捉えたプロトタイプが、2017年デビューとなるフォルクスワーゲン専用クラフター第一号だ。

全体的なエクステリアラインはそれほど変化がないが、フロントマスクは現在のフォルクスワーゲンの最新デザイントレンドを反映させたデザインになる。そして、パワートレインのアップデートも噂されている。

  • 子俣有司@アポロニュースサービス
  • VWクラフター次世代モデル スクープ写真《APOLLO NEWS SERVICE》
  • VWクラフター次世代モデル スクープ写真《APOLLO NEWS SERVICE》
  • VWクラフター次世代モデル スクープ写真《APOLLO NEWS SERVICE》
  • VWクラフター次世代モデル スクープ写真《APOLLO NEWS SERVICE》
  • VWクラフター次世代モデル スクープ写真《APOLLO NEWS SERVICE》
  • VWクラフター次世代モデル スクープ写真《APOLLO NEWS SERVICE》
  • VWクラフター次世代モデル スクープ写真《APOLLO NEWS SERVICE》
  • VWクラフター次世代モデル スクープ写真《APOLLO NEWS SERVICE》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ