三菱電機など7社、ダイナミックマップ構築の試作・評価に関する調査検討を受託

業界 レスポンス

三菱電機など7社は10月2日、自動走行システムの実現に向けた「ダイナミックマップ」構築の試作・評価に係る調査検討を内閣府より受託したと発表した。

今回受託したのは、「ダイナミックマップ構築検討コンソーシアム」を構成する三菱電機、アイサンテクノロジー、インクリメントP、ゼンリン、トヨタマップマスター、パスコ、三菱総合研究所の7社。「ダイナミックマップ(地図情報高度化)」構築は、内閣府の2015年度委託事業「SIP(戦略的イノベーション創造プログラム)・自動走行システム」の検討課題のひとつとなっている。

SIP・自動走行システムでは、東京オリンピック・パラリンピックを一里塚として、自動走行(自動運転)を含む新たな交通システムを実現し、事故や渋滞を抜本的に削減、移動の利便性を向上させることを目指している。

「ダイナミックマップ」は、高精度の絶対位置精度や三次元空間情報を持ち、静的情報・准静的情報・准動的情報・動的情報を組み込んだデジタル地図。その開発は、自動走行システム実現に向けて中核を担う重要な要素となる。

今回の受託事業では、ダイナミックマップ構築のためのデータ構造を検討し、データを試作することで必要な要件や解決すべき課題を明確にすることが目的。今後7社は、日本の産業競争力強化に資する体制を構築し、日本発の国際標準化を視野に入れ、ダイナミックマップ構築に向けた試作・評価に関する調査検討を進めていく。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • コンソーシアム各社の主な役割分担
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ