三菱重工、マレーシアでMLFF方式ETCの実証試験を開始

業界 レスポンス

三菱重工業は10月1日、マレーシアで、高速道路の複数車線を減速せずに走行する車両に課金できるマルチレーン・フリーフロー(MLFF)方式ETCの実証試験を開始した。

今回の実証実験は、交通渋滞の緩和に向け2018年の実運用を目指し、各種技術を蓄積するのが狙い。同国政府の協力のもと、同国のITS(高度道路交通システム)関連企業と共同で取り組んでいく。

実証試験では、マレーシア特有のナンバープレートに合わせたチューニングや、さまざまな気象条件でのデータ収集などを行う。2016年には、これを発展させるかたちで、社会実験として実際の高速道路においてモニター車両による実証を予定。また、MLFFの技術による駐車料金の支払い、車両の走行管理、自動車税管理の効率化など高速道路の課金以外の幅広いITSアプリケーションへの応用を検討していく。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ