グッドイヤー提携解消、クレイマーCEO「収益を伴う成長を目指す素地が整った」

業界 レスポンス

ザ・グッドイヤー・タイヤ・アンド・ラバーは10月2日、住友ゴム工業とのグローバル・アライアンスを解消したと発表した。

解消手続きの財務諸条件は、6月4日の解消合意と同様。グッドイヤーのリチャード・J・クレイマー会長兼CEOは「手続きが無事完了し、ますます柔軟性を高めて収益を伴う成長を目指す素地が整った。解消合意によって、グッドイヤーは成長戦略を追求し、世界の重要な市場で、グッドイヤーのプレゼンスを高めていく道がひらけた。今後、主要市場で存在感を強めていく上で、世界をリードする技術力とブランド力は大きな力になる」とコメントしている。

グッドイヤーと住友ゴムは、1999年にグローバルな提携関係に入り、北米と欧州に各1社、日本に2社設けた合計4社の合弁会社で共同事業を展開してきた。

両社の合意の条件に基づいて、グッドイヤーは米国、カナダ、メキシコの補修用タイヤ市場と非日系自動車メーカーにダンロップブランドタイヤを排他的に販売する権利を持つ。

これまで合弁会社が排他的に展開してきた欧州の国でも、グッドイヤーは、新車用・補修用の両タイヤ市場でダンロップブランドタイヤを排他的に販売する権利を持つ。同時に、グッドイヤーは日本市場でグッドイヤーブランドのタイヤを排他的に提供する権利を回復する。

提携解消手続きの完了を受け、2014年1月に申し立てられた仲裁手続きも解消する。

  • レスポンス編集部
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ