VW の公聴会、10月8日に開催…米法人の社長兼CEO出席へ

業界 レスポンス

違法なソフトウェアを車両に搭載して、米国の排ガス試験を不正にクリアしていたフォルクスワーゲングループ。同社に対して、米国議会が行う公聴会の日程が決定した。

これは10月1日、米下院のエネルギー商業委員会が明らかにしたもの。「フォルクスワーゲンの排出ガス問題に関する公聴会を、10月8日に開催する」と発表している。

なお、フォルクスワーゲングループから公聴会に出席するのは、米国現地法人のマイケル・ホーン社長兼CEOの予定。

また、今回の問題を最初に発表した米国EPA(環境保護局)も、公聴会に出席する。

米下院エネルギー商業委員会のティム・マーフィー氏は、「フォルクスワーゲンが一部のディーゼル車に、ディフィートデバイスを搭載していたのは、重大な問題」と述べている。

  • 森脇稔
  • フォルクスワーゲンのターボディーゼル「TDI」エンジン(参考画像)
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ