【東京モーターショー15】富士通が初出展…富士通テンと共同でICTソリューションを紹介

新車 レスポンス

富士通と富士通テンは、10月29日から11月8日まで東京ビッグサイトで開催される「第44回東京モーターショー2015」に共同出展する。なお富士通は初出展となる。

今回の共同出展では、「ICTでクルマは人のベストパートナーに。」をテーマに、クルマ社会における富士通グループのICTソリューションの取り組みを紹介する。ドライバーの挙動や、車間距離や接近物などの車外の状況を捉える「センシング」。蓄積された交通情報や天候などをかけ合わせて先を予測する「情報分析」。それらをドライバーに優しく伝える気が利く「HMI」。この3つの要素を組み合わせて生み出す製品・サービスを出展する。

プレゼンテーションステージでは、富士通グループが提案するICTを活用した近未来のカーライフを、大型ビジョン映像、MCによるパフォーマンスを交えて紹介。また、ドライバーの注意力を判断して早めの警告をしたり、天候を予測して適切な経路を案内したりする近未来のドライブシーンをドライバー目線で体験できる体感コックピットを設置する。

さらに、車外の情報を捉える「マルチアングルビジョン(周辺監視)」や「ミリ波レーダー(周辺監視)」、眠気の傾向を検知し安全運転を支援する「FUJITSU Vehicle ICT FEELythm(眠気検知)」や「虹彩認証(個人認証)」などのセンシング技術と、地域や天候などの社会情報を加えた分析ソリューションを展示、実演。「イクリプス 最新カーナビゲーション タッチ&トライコーナー」では、自動地図更新や、音声による検索・操作など、イクリプスの最新の“つながる機能”を実際に体験することができる。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 体感コックピットイメージ
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ