【エヌプラス15】日産アーク、自慢の分析・解析技術を自動車分野以外へ拡大

業界 レスポンス

新たな価値をプラスする材料と技術の展示会「エヌプラス」に今回初出展したのが日産自動車の100%子会社、日産アークだ。同社は材料の分析・解析を専門に行う会社で、日産テクニカルセンター内に本社を構える。

「今回展示会では当社が行っている主な分析・解析技術をパネルで紹介しています」と同社関係者。ブース内にはリチウムイオン二次電池総合解析をはじめ、プラスチック部材の破損解析、化学発光分析を用いた高分子材料の劣化解析、樹脂材料の溶着接合部解析、材料の気持ちがわかるアコーステック・エミッション解析など10枚ほどのパネルが並んでいた。

特に同社関係者が熱心に説明したのがリチウムイオン二次電池総合解析で、『リーフ』に搭載している電池の分析をすべて行ったという。そして、その分析ラインナップは70にも及ぶそうだ。

また、同社は「製造現場のためのエンジリアリングサービス」というユニークなサービスを行っている。これはこれまでの材料の分析・解析技術のノウハウと専門知識を活かし、製品の品質を支援するために、オンサイト分析とオフサイト分析のトータルでサポートサービスをするというものだ。

「現在、他の自動車メーカーからの依頼も増え、これまでに自動車業界を中心に数百社から依頼がありました。しかし、知名度はまだまだで、もっと知ってもらおうということでこの展示会に初出展しました」と同社関係者は言葉に力を込める。今後は医療、食品などの業界にも広げていきたい考えだ。

  • 山田清志
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ