【エヌプラス15】5kgの重りを付けても剥がれないマジックテープ、自動車業界でも活躍

業界 レスポンス

「マジックテープ」については知らない人はほとんどいないだろうが、それがクラレの登録商標であることを知っている人は少ない。非常に便利な商品で、さまざまなところで使われ、無重力空間の宇宙では欠かせないものとなっている。

しかし、類似品も多く、「マジックテープ」と名付けてしまう業者もあるそうで、クラレではその都度業者に警告を発している。そんなマジックテープを主力製品として販売しているのがクラレの子会社、クラレファスニングだ。

現在、その種類は布製、プラスチック製などさまざまあり、品番の数が約300もあるという。なかには非常に強力なものも存在する。「マジロック」と名付けられたものがそれで、35mm×20mmという小さな面積にもかかわらず、5kgの重りを付けてもびくともしない。

「この商品は自動車、鉄道、航空機などの内装材をつける時に主に使用しています。非常に燃えにくい素材でできているので、通常のものより価格はもちろん高いです。しかし、両面テープに比べて非常に作業をしやすいということで、日本の自動車メーカーの多くで採用していただいています」と同社関係者は話す。

メーカーごとに若干の違いがあるそうだが、グローバル生産台数が増えるごとにマジロックの販売数量も大きく伸びているとのことだ。

  • 山田清志
  • 5kgの重りをつけても「マジロック」は決して剥がれることがない《撮影 山田清志》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ