【ITpro EXPO15】パナソニック、タフパットを業務車両向けに販売攻勢

業界 レスポンス

パナソニックは東京ビッグサイトで開催された「ITpro EXPO2015」に出展。今回は頑丈タブレット「タフパッド」を前面に押し出し、これから業務車両向けに精力的に売り込んでいくそうだ。

同社のブースでは車のコックピットが展示されていて、そこに大きさの違うタフパッド3台が設置されていた。タフパッドをカーナビとしても使ってもらおうと狙いだ。「タフパッドは使い方によって1台で何役にもタブレットPCで、当社の戦略商品なんです」と同社関係者は強調する。

タフパッドについては今さら説明するまでもないが、過酷な現場業務に耐える耐衝撃・耐振動性能をを備えたPCで、防塵・防滴性能も高く、マイナス10度から50度の幅広い温度環境でも使用できるのウリだ。そのため、これまで建設工事現場で主に使われていた。それがだんだんと他の分野にも広がり、いまでは医療、製造、デザイン・設計、商談・プレゼン、流通・販売の現場などで使われるようになった。

そして、次は車の中というわけだ。最近はカーナビアプリも充実して、スマートフォンをカーナビ代わりにするドライバーも増えている。タフパッドはスマホよりも画面が大きいので、カーナビも見やすい。そのため、一般の顧客がほしいという声も少なくないが、販売するのはあくまでも事業者だ。その裏には同社が一般向けにカーナビやPCを販売していることがあるようだ。

いずれにしても、PC市場が減少する中、タフパッドの販売台数は急激に伸びており、「ここ数年は倍々ゲームで、最近はパトカーでも使いたいという引き合いがきています」とは同社関係者の弁だが、今後業務車両にも利用が広がっていくと、その勢いはさらに加速していきそうだ。

  • 山田清志
  • パナソニックの「タフパッド」《撮影 山田清志》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ