北米SUVオブザイヤー2016、第二次選考12台…日本車はマツダ CX-3 など6車種

業界 レスポンス

北米カーオブザイヤー主催団体は6月末、「2016北米トラック&SUVオブザイヤー」の第二次選考12台のリストを発表した。

北米トラック&SUVオブザイヤーは、今年で23回目。米国とカナダ在住の約50名のジャーナリストが、北米でデビュー(マイナーチェンジや新グレード投入も含む)、またはデビュー予定のライトトラック(SUV/ピックアップトラック/ミニバン)の中から、ベストな1台を選ぶ。

リストには、正式発表前の新型車が含まれる。これは2016年1月のイヤーカー発表後、速やかに市販され、年間2000台以上を北米市場で販売すればいいという規則に基づいている。

2016北米トラック&SUVオブザイヤーの第二次選考12台は、以下の通り。

フォード・エッジ

ホンダ・HR-V(ヴェゼル)

ホンダ・パイロット

ヒュンダイ・ツーソン

ジープ・レネゲード

キア・ソレント

レクサス RX

マツダ CX-3

日産 タイタン

テスラ・モデルX

トヨタ・タコマ

ボルボ XC90

ブランド別では、ホンダが2車種と最多。『HR-V』(日本名『ヴェゼル』)と新型『パイロット』が、第二次選考に残った。

この他の日本メーカーでは、トヨタが新型『タコマ』、レクサスは新型『RX』。マツダは『CX-3』、日産は『タイタンXD』が第二次選考に駒を進めた。

2016北米トラックオブザイヤーは2016年1月、デトロイトモーターショー16の会場で発表される。

  • 森脇稔
  • レクサス RX のF SPORT
  • ホンダ パイロット
  • 日産 タイタン XD PRO-4X
  • トヨタ タコマ
  • ホンダ HR-V(日本名: ヴェゼル)
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ