ホンダ シビック と フィット、米国でリコール14万台…CVTに不具合

業界 レスポンス

ホンダの米国法人、アメリカンホンダは10月1日、『シビック』と『フィット』の2車種について、リコール(回収・無償修理)を行うと発表した。

今回のリコールは、CVTの不具合が原因。アメリカンホンダによると、一定の走行条件下において、CVTのドライブプーリーシャフトに高い負荷がかかり、シャフトが損傷する恐れがあるという。

走行中にシャフトが損傷した場合、加速できなくなり、事故のリスクが増す。なお、アメリカンホンダは、「この不具合による事故や負傷者の報告はない」とコメント。

リコールの対象になるのは、米国内で販売された2014-2015年モデルの『シビック』と2015年モデルの『フィット』。合計で約14万3000台がリコールに該当する。

アメリカンホンダは、対象車種を保有する顧客に通知。販売店でCVTの制御ソフトウェアをアップデートするリコール作業を行う予定。

  • 森脇稔
  • ホンダ フィット
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ