【全日本MX 第9戦】ホンダ 成田亮、総合優勝…逆転Vに向けスズキ勢を追撃

モータースポーツ レスポンス

全日本モトクロスの第9戦が10月4日、埼玉県のオフロードヴィレッジで開催され、IAクラスで成田亮(ホンダ)がヒート1と総合成績で優勝を飾った。

ヒート1、小方誠(ホンダ)がホールショットを奪い、星野優位(ホンダ)、小島庸平(スズキ)、新井宏彰(カワサキ)、熱田孝高(スズキ)、成田が続いた。2周目、小方は2番手に後退したが、その後もトップの小島を僅差でマーク。星野、新井、3周目に熱田を抜いた成田までが、縦に長いトップ集団を形成した。しかし5周目あたりから小方が遅れ始め、小方と星野と成田のホンダ勢による2番手争いが繰り広げられた。レースが後半に入るころ、この集団から抜け出したのは成田。勢いを保った成田は、そのままトップの小島に接近し、12周目には逆転に成功。そのまま成田はトップでチェッカーを受けた。

ヒート2、成田はほぼ最後尾と完全に出遅れたが、4周目にはトップの熱田に約5秒差の5番手まで順位を回復。6周目、星野とバトルを繰り広げていた熱田が転倒し、星野がトップに浮上する。新井と成田は、トップを走る星野に迫り、8周目からは3台がトップ争い。10周目には新井、12周目には成田が、星野をパスした。成田が2番手に浮上した段階で、新井と成田の差は約3秒。その後、成田は新井のペースを上回れず、20周のレースを新井に次ぐ2位でフィニッシュ。星野は僅差で成田を追うも、届かず3位だった。

成田はヒート1で1位、ヒート2は2位と、総合成績で優勝。ポイントランキングでトップを走る小島に11P差に詰め寄り、最終戦での逆転優勝へ望みをつなげた。

■IA1(ヒート1)

1位:成田亮(ホンダ)

2位:小島庸平(スズキ)

3位:星野優位(ホンダ)

4位:新井宏彰(カワサキ)

5位:熱田孝高(スズキ)

6位:小方誠(ホンダ)

■IA1(ヒート2)

1位:新井宏彰(カワサキ)

2位:成田亮(ホンダ)

3位:星野優位(ホンダ)

4位:小島庸平(スズキ)

5位:深谷広一(ホンダ)

6位:三原拓也(カワサキ)

■ポイントスタンディング

1位:小島庸平(スズキ)349P

2位:熱田孝高(スズキ)344P

3位:成田亮(ホンダ)338P

4位:小方誠(ホンダ)317P

5位:新井宏彰(カワサキ)310P

6位:三原拓也(カワサキ)244P

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 成田亮(ホンダ)
  • 成田亮(ホンダ)
  • 成田亮(ホンダ)
  • 成田亮(ホンダ)
  • 成田亮(ホンダ)
  • 成田亮(ホンダ)
  • 成田亮(ホンダ)
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ