マツダ小飼社長、トヨタとの協業は「長期的なテーマ中心に」

業界 レスポンス

マツダの小飼雅道社長は10月6日、都内の中央大学後楽園キャンパスで、「No Car,No Life!今、私が伝えたいこと」をテーマに授業を行った。日本自動車工業会による自動車各社首脳の出張授業の一環。

授業の質疑のなかで、学生からトヨタ自動車との提携の狙いを聞かれた小飼社長は「トヨタさんはわれわれにない文化、商品、技術をもっておられる。部分的にはなるが、一緒に仕事をすることで、井の中の蛙にならないようにしたい」と述べた。

企業規模の異なるトヨタとの提携がもたらす懸念については、「マツダのアイデンティティーがなくなるとの指摘もあるようだが、そんなことは絶対にない。(協業による)人材の育成といった成果にも期待している」と語った。

また、今後の提携の進め方については「来年には協業テーマを発表するが、長期的な話になる。あまり短期的な成果は求めていない」と述べ、基礎技術分野も含む長期の協力関係の構築に意欲を示した。

  • 池原照雄
  • 中央大学後楽園キャンパスで出張授業を行った、マツダの小飼雅道社長《撮影 池原照雄》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ