日産 ヴァーサ 先代、米国で約22万台リコール…スプリングが破損

業界 レスポンス

日産自動車の米国市場における入門車、『ヴァーサ』。同車の先代モデル(日本名:『ティーダ ラティオ』)が米国において、リコール(回収・無償修理)を行う。

これは、米国NHTSA(運輸省道路交通安全局)が明らかにしたもの。日産自動車の米国法人、北米日産から、『ヴァーサ』に関するリコールの届け出を受けた、と公表している。

今回のリコールは、サスペンションの不具合が原因。NHTSAによると、融雪剤に含まれる塩による腐食で、フロントスプリングが破損する可能性があり、事故のリスクが増すという。

リコールの対象となるのは、2007‐2012年モデルのヴァーサ。米国で販売された21万8019台が、リコールに該当する。

北米日産は、対象車を保有する顧客に連絡。販売店でフロントサスペンションのスプリングを交換するリコール作業を実施する。

  • 森脇稔
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ