【東京モーターショー15】ダイハツ テンポ、新ジャンルスペース系商用車コンセプト

新車 レスポンス

ダイハツ工業は、第44回東京モーターショーで市販車10台に加え、4車種4台のコンセプトカーを世界初公開する。その中の1つである『テンポ』は、軽商用車の新しい形としてFFプラットフォームを最大限に活用した「新ジャンルスペース系商用車」として提案。

今回は、FF車のメリットである室内空間の自由度の高さを訴求すべく移動販売車として展示する。運転しやすさや乗降性の良さなど、FF車の特徴を商用車に活用することで、新たな市場開拓を目指すとしている。

助手席側にはLED照明付きのガルウィングドアを採用。車両側面にはデジタルサイネージを装備し、お店の看板としても利用できる。

今回の東京モーターショー「きっと、あなたのココロが走り出す。”Your heart will race.”」の全体テーマのもと、ダイハツは「POSSIBLE!明日の「できる」をダイハツと」をテーマに掲げ、人々の生活に寄り添う軽自動車をさらに進化させることで、日常生活に楽しさや喜びをプラスし、乗る人すべてが笑顔になるクルマづくりを各出展物で表現するとしている。

  • 関 航介
  • ダイハツ テンポ《画像 ダイハツ工業》
  • ダイハツ テンポ《画像 ダイハツ工業》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ