【CEATEC 15】デンソー、ピコグリッドシステムを自治体に売り込みへ

業界 レスポンス

デンソーは「CEATEC JAPAN」に今年も出展、自慢の技術や製品を披露した。その中で目玉の一つが「ピコグリッドシステム」だ。担当者は「今回最もオススメしたいもの」と話す。

ピコグリッドとは、マイクログリッドよりも小さい範囲の電力網を表現した同社の造語で、太陽光発電、蓄電池、超小型電気自動車(EV)から構成される、独立型の直流分散電力システムのこと。もちろん、風力発電など他の再生可能エネルギーとの組み合わせも可能である。

そして、ピコグリッドシステムはこのピコグリッドに車両を管理するシステムを加えることで、カーシェアリングを可能にした電力と車両の統合マネジメントシステムだ。マイクログリッドやスマートグリッドシステムとなると、市や町単位と範囲も広く、実施するにはどうしても多額のコストがかかってしまう。しかし、ピコグリッドシステムは町の一部を対象にしており、コストも少なくて済む。

「まずは小さな地区で使ってもらい、その地区を徐々に広げていこうという考えなんです。現在、当社の安城製作所(愛知県安城市)で運用を行っており、これから自治体などにこのシステムを売っていこうと考えています」と同社関係者は話す。

また、そのピコグリッドシステムで使用する超小型EVも初披露。二人乗りで、運転に必要な基本的情報は目の前のタブレットに表示される。そのタブレットは取り外して一般的な端末としても使用できる。

イグニッションのON/OFFは認証カードで行い、個人情報と照合して車内の環境を利用者に合わせて再生する音楽や空調の調整を行う。屋根の中央にはカメラがついていて、リバースでのバックカメラとしての利用やカーシェアリングのステーションでの見守りシステムとして活用できるという。

デンソーではこのシステムを国内だけでなく、海外にも広げていきたい考えのようで、今後、世界中から注目されるかもしれない。

  • 山田清志
  • ピコグリッドシステムで使用される超小型電気自動車《撮影 山田清志》
  • ピコグリッドシステムで使用される超小型電気自動車《撮影 山田清志》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ