【CEATEC 15】三菱電機、視聴車両で音質の良さをPR

業界 レスポンス

三菱電機が今回最も力を入れてPRしたのが、10月20日発売予定のハイエンドオーディオ&カーナビゲーションシステム『ダイヤトーン・サウンド・ナビNR-MZ100』だ。なんでも「これまでにない商品」と大きな反響を呼んでいるそうだ。

その新商品のキャッチフレーズは「驚愕の『速・音・美』。」で、より速く、より美しく魅せるナビゲーションと車内空間を超えるかつてない驚きのサウンドステージがウリとなっている。特に音については、「ハイレゾ対応で、その音質については絶対的な自信がある」と同社関係者が豪語するほど。

それを体感してもらうために、視聴用車両を用意する力の入れようだ。車に乗って試しに視聴すると、確かに違う。特にハイレゾ音源の音楽を流した時は、まるでコンサートホールにいるようで、とても車の中にいるとは思えない。大きな反響を呼んでいるというのも頷ける。

ちなみに視聴用車両の車種は『アルファロメオ』。「国産の自動車メーカーに売り込みに行くのに、『三菱車』だとやはり行きづらいですからね。差し障りのないようにこの車にしました」と同社関係者。すでに、スバルへの搭載が決まっているそうだ。

  • 山田清志
  • 10月20日発売予定のハイエンドオーディオ&カーナビゲーションシステム『ダイヤトーン・サウンド・ナビNR-MZ100』《撮影 山田清志》
  • 10月20日発売予定のハイエンドオーディオ&カーナビゲーションシステム『ダイヤトーン・サウンド・ナビNR-MZ100』《撮影 山田清志》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ