【BMW 7シリーズ 新型発表】PHVは2016年に追加…最大トルク500Nm、直6上回るパフォーマンス

新車 レスポンス

ビー・エム・ダブリューは全面改良した『7シリーズ』を10月29日から販売開始すると発表した。さらに電動で最長40km走行できるプラグインハイブリッドモデル(PHV)を2016年中に追加設定することも明らかにした。

ビー・エム・ダブリューでデベロップメント・ジャパン本部長を務めるルッツ・ロートハルト氏は都内で開いた新型7シリーズの発表会で、16年に導入するPHVの仕様について「2リットル直列4気筒ツインパワーターボエンジンと電気モーターとの組み合わせにより、最高出力326馬力、最大トルク500Nmを発生する」と説明した

ちなみに3リットル直列6気筒エンジンを搭載する新型『740i』は最高出力326馬力、最大トルク450Nmで、最高出力は同等ながら、最大トルクではPHVの方が上回るパフォーマンスとなる。PHVの価格や具体的な発売時期は明らかにしていない。

ビー・エム・ダブリューでは7シリーズのほか、2および3シリーズでも16年中にPHVを導入することにしている。

  • 小松哲也
  • BMW 7シリーズ 新型発表会《撮影 小松哲也》
  • ビー・エム・ダブリュー デベロップメント・ジャパン本部長 ルッツ・ロートハルト 氏《撮影 小松哲也》
  • BMW 7シリーズ 新型発表会《撮影 小松哲也》
  • BMW 7シリーズ 新型発表会《撮影 小松哲也》
  • BMW 7シリーズ 新型発表会《撮影 小松哲也》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ