輸入小型二輪の新規登録、BMWなど好調で6か月連続プラス…9月

モーターサイクル レスポンス

日本自動車輸入組合が発表した9月の小型二輪車新規登録台数は、前年同月比2.4%増の1953台と6か月連続で前年を上回った。

シェアトップのハーレーダビッドソンがマイナスとなったものの、BMW、ドゥカティ、KTMなどが伸びて全体を押し上げた。

ブランド別では、ハーレーダビッドソンが同9.0%減の941台と前年割れ。シェアは48.2%だった。

BMWは同23.6%増の477台と好調で、シェアが24.4%となった。

ドゥカティは同12.6%増の241台、KTMが同59.0%増の124台だった。

トライアンフは同9.4%減の77台、MVアグスタが同36.8%減の24台、BRPが同50.0%増の24台、モトグッチが同13.6%減の19台だった。

  • レスポンス編集部
  • ドゥカティ ディアベル
  • 2016年型ハーレーダビッドソンFXSB ブレイクアウト。《画像 ハーレーダビッドソン》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ