輸入小型二輪の新車登録、主要ブランド好調で2年ぶりプラス…2015年度上半期

モーターサイクル レスポンス

日本自動車輸入組合が発表した2015年度上半期(4-9月)の小型二輪車新規登録台数は、前年同期比9.1%増の1万2011台と2年ぶりに前年を上回った。

ハーレーダビッドソンやBMW、ドゥカティなど、主要ブランドが好調だった。

ブランド別では、ハーレーダビッドソンが同6.2%増の5739台となり、シェアが49.1%と5割を割り込んだ。シェア2位のBMWが同15.5%増の2555台となり、シェアが20.1%となった。

ドゥカティは同34.5%増の1676台と大幅に伸びた。KTMは同6.7%減の700台、トライアンフが同9.1%減の638台と低迷した。

MVアグスタは同68.4%増の192台、モトグッチが同12.7%減の137台、アプリリアが同43.1%減の41台、ピアッジョが同18.6%減の35台だった。

  • レスポンス編集部
  • BMW F 800 R
  • ドゥカティ ディアベル チタニウム
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ