MINI クロスオーバー 次期型、SUVテイストと決別!? 初のHVも

新車 レスポンス

MINIの『クロスオーバー』(「F60」海外名:カントリーマン)の最新ショットを入手した。

MINIの擬装はペイントが多く、比較的詳細が分かりやすい。まず気がつくのは現行モデルと比較して車高が低く、ワイドになっていること。その為、SUVテイストよりもオンロードに寄ったデザインを全面に出したモデルとなりそうだ。

デザイン細部ではフロントグリル、フロントバンパー、エアインテークを刷新。またリアコンビランプのデザインも発覚。往来の縦型が採用されるようだ。

プラットフォームには新型『クラブマン』から流用される「UKL2」を採用、パワートレインは1.5リットル直3エンジン及び2リットル直4エンジンがラインナップされる他、MINI初となるハイブリッドシステムの採用もほぼ間違いないとみられる。

ワールドプレミアは2017年と噂されている。

  • 子俣有司@アポロニュースサービス
  • MINIクロスオーバー次期型 スクープ写真《APOLLO NEWS SERVICE》
  • MINIクロスオーバー次期型 スクープ写真《APOLLO NEWS SERVICE》
  • MINIクロスオーバー次期型 スクープ写真《APOLLO NEWS SERVICE》
  • MINIクロスオーバー次期型 スクープ写真《APOLLO NEWS SERVICE》
  • MINIクロスオーバー次期型 スクープ写真《APOLLO NEWS SERVICE》
  • MINIクロスオーバー次期型 スクープ写真《APOLLO NEWS SERVICE》
  • MINIクロスオーバー次期型 スクープ写真《APOLLO NEWS SERVICE》
  • MINIクロスオーバー次期型 スクープ写真《APOLLO NEWS SERVICE》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ