マツダ アクセラ、米国で販売停止…燃料タンクのリコール

業界 レスポンス

マツダの米国法人、北米マツダは10月2日、『マツダ3』(日本名:『アクセラ』)のリコール(回収・無償修理)により、同車の販売を停止したと発表した。

今回のリコールは、燃料タンクの不具合が原因。北米マツダによると、マツダ3の燃料シャットオフバルブに不具合があり、燃料タンクからガソリン蒸気を大気中に放出しないように吸着するチャコールキャニスターに、燃料が入り込む可能性がある。

この状態では、エンジン警告ランプが点灯。最悪の場合、燃料が漏れて、エンジン停止や車両火災に至る恐れがある。

リコールの対象になるのは、2015-2016年モデルの一部。米国では約1万4270台、プエルトリコでは136台の合計約1万4406台がリコールに該当する。

北米マツダは、対象車を保有する顧客に連絡。販売店において点検を行い、不具合が見つかれば、燃料タンクとチャコールキャニスターを交換するリコール作業を行う。

  • 森脇稔
  • マツダ3(アクセラ )北米仕様車
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ