米上院、VW を調査…「クリーンディーゼル」と偽り減税

業界 レスポンス

フォルクスワーゲングループが違法なソフトウェアを使用して、排出ガス試験を不正にクリアしていた問題。米国の議会が、同社の「クリーンディーゼル」車に対して行われた減税に関する調査に乗り出した。

これは10月7日、米上院の財政委員会が明らかにしたもの。「フォルクスワーゲンのドイツ本社と米国法人が、クリーンディーゼル車と偽り不正に減税を受けた。この件で、調査を開始した」と公表している。

米国では、環境性能に優れた新車を購入した顧客に対して、税制上の優遇措置がある。米上院によると、フォルクスワーゲンの2009-2010年モデルの一部ターボディーゼル「TDI」搭載車では、1台当たり1300ドル(約16万円)を減税。総額で5000万ドル(約60億円)以上の減税を受けたという。

違法なソフトウェアが装着されていたのは、米国ではフォルクスワーゲンブランドとアウディブランドの直列4気筒ターボディーゼル「TDI」エンジン。2009-2015年モデル、およそ48万2000台が該当する。フォルクスワーゲンでは、『ジェッタ』、『ビートル』、『ゴルフ』、『パサート』。アウディでは、『A3』が対象。

米上院の財政委員会のオリン・ハッチ委員長は、「フォルクスワーゲングループ監査役会は、世界の最大1100万台に違法なソフトウェアを搭載していたと認めた。同社が米国政府に偽りの情報を開示し、減税を受けていた疑いがある」とコメントしている。

  • 森脇稔
  • フォルクスワーゲン ゴルフ(北米仕様)
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ