【福祉機器展15】マツダ、手動運転装置付の新型ロードスターを出品

業界 レスポンス

マツダは、10月7日から9日に東京ビッグサイトで開催される「第42回 国際福祉機器展 H.C.R.2015」に、新型『ロードスター』をベースとした手動運転装置付車両などを出品する。

新型ロードスター 福祉車両は、コントロールグリップやステアリングノブといった手動運転装置に加え、乗降用補助シートを装備。より多くの人の運転する楽しさを提供する。

マツダはこのほか、手動運転装置に加え、助手席回転シートやリア車いす収納装置も装備する『デミオ』や、車いす利用者をサポートする『ボンゴ 多目的サポートカー』、一枚スロープや電動ウインチを標準装備し、車いすのまま安全でスムーズな乗降が可能な『フレアワゴン 車いす移動車』を出品する。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • マツダ・フレアワゴン スロープ式車いす移動車
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ