【東京モーターショー15】トヨタ、近未来の燃料電池車 FCVプラス は「エネカー」

新車 レスポンス

トヨタ自動車は10月8日、東京モーターショー2015のトヨタブランドの出展内容を発表した。3台披露するワールドプレミアの1台が、近未来の水素社会における燃料電池車(FCV)を提示する『FCVプラス』だ。

このコンセプトモデルを通じ、製品企画室の盛合威夫主幹は「10数年後の20XX年。そう遠くない時代の水素社会とクルマの可能性を伝えたい」と話す。FCV向けやエネルギー源としての水素の「地産地消」も相当進んでいるという状況を想定し、そんな時代のFCVを提示している。

単なる「エコカー」でなくエネルギーを供給する「エネカー」として、3つの役割をもたせていく。第1が「つくる」であり、FCVで発電した電気を自宅や出先での施設などに供給する役割。搭載する水素タンクだけでなく、地域に蓄えられた車外の水素をFCVに受け取り、機動的に発電できる仕組みだ。

2番目は「あげる」。駐車中などにFCVが保有する電気を他の車両などに供給する役割であり、FCVの下部には非接触型の給電装置を備える。3つ目は「つづける」であり、車両での役目を終えた燃料電池を発電装置として再利用するものだ。FCVの新機構としては、車両デザインなどの自由度が高まる4輪インホイールモーター方式を採用している。

  • 池原照雄
  • トヨタ FCVプラス
  • トヨタ FCVプラス
  • トヨタ FCVプラス
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ