ルネサス、ADAS向けサラウンドビューシステムの開発キットを発売

テクノロジー レスポンス

ルネサス エレクトロニクスは、先進運転支援システム(ADAS)向けに、サラウンドビューシステムの初期開発に最適な開発キットを10月下旬から発売する。出荷は2015年12月を予定。

従来、サラウンドビューシステムを開発するためには車載カメラの調達や、カメラ映像の接続インタフェースの開発などが必要となるが、今回発売する「ADASサラウンドビューキット」は「ADASスタータキット」と組み合わせることで、早期にサラウンドビューシステムの開発に着手することができる。

ADASサラウンドビューキットは、ミニチュアの自動車の上に車載カメラを想定した4台のカメラを、自動車裏面に開発ボードを搭載。4台のカメラにはIMI社の車載カメラと、マキシム・インテグレーテッド社のギガビットマルチメディアシリアルリンク(GMSL)を搭載する。

また開発ボードには、2チャネルのCANインタフェース、ギガビットEthernetのインタフェースを搭載。車載システム特有の環境を提供することで、サラウンドビューシステムの早期開発を支援する。

同キットと組み合わせて使用できるADASスタータキットには、ルネサスの車載情報機器向けSoCのハイエンド製品「R-Car H2」を搭載。R-Carの開発キットでは最小となる約10cm×約10cmのサイズを実現しつつ、初期開発に必要なインタフェース、周辺機能を搭載する。

R-Car H2にはOpenCVのインタフェースに対応した最先端の画像認識コア「IMP-X4」、OpenGLESに基づく最先端のグラフィックスコア「G6400」を搭載。これらにより、R-Car H2の性能を活かした3Dサラウンドビュー、スマートカメラ、センサフュージョンなどの各種ADASアプリケーションの開発を手軽に開始することができる。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ