川崎重工業が挑んだ開発の軌跡...純国産ガスタービンの開発

モータースポーツ レスポンス

純国産ガスタービンの開発 著:大槻幸雄

発行:三樹書房

価格:定価3024円

1972年、当時の技術では無謀とも言える「独自設計」による純国産ガスタービンの開発。そして、現在では世界中の被災地で非常用電源としても活躍する「コージェネレーションシステム」を生み出した、川崎重工業の技術者たちの足跡を詳細に記録。2012年刊行の同書に新資料を収録した改訂版。

見出しより…●産業用ガスタービンの発展●自主技術による純国産産業用ガスタービンの開発●国家プロジェクトの研究開発●販売開始当初の故障●ガスタービン事業の誕生●オートバイ開発の経験●開発技術者の心構えと使命●事業と戦争の類似性など

(((

◆出版・編集関連事業に携わる方々へ:御社で発行されるモビリティ(自動車/モーターサイクル/航空/船舶/自転車/宇宙等)関連書籍/雑誌を当編集部までお送りください。レスポンス紙面上にて紹介させていただきます。送り先は「〒163-0228 東京都新宿区2-6-1 新宿住友ビル28階 株式会社イード レスポンス編集部 宛」まで。

)))

  • レスポンス編集部
  • 純国産ガスタービンの開発《発行 三樹書房》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ