ルノー メガーヌ 新型、ハイブリッド設定へ…目標燃費は33.3km/リットル

新車 レスポンス

フランスの自動車大手、ルノーが9月15日、ドイツで開幕したフランクフルトモーターショー15で初公開した新型『メガーヌ』。同車に遅れて、ハイブリッドが設定される。

これは、ルノーが明らかにしたもの。同社は、「2017年初頭、ハイブリッド・アシスト・ディーゼルを追加する予定」と発表している。

現時点では、その詳細は公表されていないが、マイルドハイブリッドとなる見込み。ルノーによると、回生ブレーキによって、減速時の運動エネルギーを電気エネルギーに変換して回収。この電力がエンジン低回転時など、一定の走行状況において、加速をアシストするという。

ハイブリッド・アシスト・ディーゼルでは、優れた環境性能を追求。ルノーは目標値として、欧州複合モード燃費33.3km/リットル、CO2排出量76g/kmを掲げる。

ルノーのカルロス・ゴーン会長兼CEOは、「ハイブリッド・アシスト・ディーゼルが、マーケットを主導するだろう。燃費や排出ガス性能を高めながら、手頃な価格を実現する」とコメントしている。

  • 森脇稔
  • ルノー メガーヌ 新型(フランクフルトモーターショー15)
  • ルノー メガーヌ 新型(フランクフルトモーターショー15)
  • ルノー メガーヌ 新型
  • ルノー メガーヌ 新型
  • ルノー メガーヌ 新型
  • ルノー メガーヌ 新型
  • ルノー メガーヌ 新型
  • ルノー メガーヌ 新型
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ